家造り!人を笑顔にする会社 一級建築士事務所

株式会社EMSS

0120-03-2701

  1. トップ
  2. お家の相談室

お家ができるまで

Q.お家を建てたいけど、何をしたらいいの?

  • イラスト女性

    まずは気軽に電話やメールでご相談ください。
    「こんな家に住みたい」
    「金額はどのくらいかかるの?」
    「長く安心して住める家ってどんな家なの?」などの
    ご質問にわかりやすくご説明します♪


    お問い合わせはこちら

  • イラスト:パソコン

    資料でじっくり考えたい方は資料請求からどうぞ。
    ご希望があれば建築士が直接資料をお持ちし、
    内容について簡単にご説明させて頂きます。



    資料請求はこちら



長期優良住宅について

Q.長期優良住宅って何のこと?

イラスト:家

「質の良い建物を、きちんと手入れして、長く大切に使い続ける」ために平成20年にできた法律です。
認定を受けた建物は税制面やローンなど様々な優遇措置を受けることができます。また、住宅の資産価値としても長年に渡り低下しにくいと考えられています。



Q.どうやって認定されるの?

イラスト:鳥

住宅の性能が高水準で計画されている必要があります。
具体的に下の項目をクリアしてはじめて長期優良住宅として認定されます。


1.省エネルギー性
省エネ等級4、冷暖房効率や断熱性能が高く高性能である
2.劣化対策
数世代に渡って長く住み続けることができる
3.耐震性
耐震等級が高く、地震にとても強い
4.維持管理、更新の容易性
点検や更新がしやすく、メンテナンスが容易に行える
5.居住環境
景観や地域の環境に配慮している
6.住戸面積
良好な居住水準を確保するための広さがある
7.維持保全計画
定期的な点検、補修等に関する計画が盛り込まれている
イラスト:洗濯

EMSSではプランする住宅すべてに標準で採用しています!
だから、EMSSのプランする全ての住宅が長期優良住宅の対象です。


Q.何かメリットがあるの?

イラスト:小鳥

性能が高性能なのはもちろんのこと、税制面や補助金、ローンで優遇を受けることができます。

1.住宅ローン減税
最大500万円減税
2.固定資産税
建物評価額が5年間半額!
3.不動産取得税
1,300万円控除し、さらに軽減税率3%!
4.登録免許税
所有権移転登記は税率0.2%に!所有権保存登記は税率0.1%に!
5.省エネポイント
30万円相当ポイント!
6.フラット35S 金利Aプラン
最もおトクな「特に優良な住宅基準」に適合!
7.地震保険
地震に強い認定の為、地震保険料が約半額に!

※平成27年9月現在の制度です。

Q.逆にデメリットはあるの?

通常の確認申請に加え、申請期間が数週間~数か月ほど伸び、更に費用がかかります。

確認申請には必要ない住宅性能の計算や細かな構造計算が必要で、とても手間がかかります

そのため取り扱っている会社が少ないです

イラスト:地球

ただし!長期優良住宅による補助金や優遇措置で 200 ~ 300 万円程度支払う金額が抑えられます!
また EMSS では長期優良住宅を標準プランとしているため期間や費用を大幅に抑え効率良く行えます。
つまり長期優良住宅とは、性能が高くてしかも金額は抑える、 地球にもお財布にも優しいエコな家なのです♪


補助金、ローンのおはなし

Q.補助金はどんな種類があるの?

補助金は、無理に補助金に合わせて計画自体を大きく変えるのではなく、お施主様の収入や計画中のお家に合ったもの、近いものを適切に使っていくことが大事です。

エコ住宅への建替えに対する補助金(平成28~29年度)

補助額 住宅の省エネ性能により30万円~50万円
主な要件 耐震性のない住宅を除却しエコ住宅に建替えること
ポイント 『建替え』が重要で、同一敷地で耐震性のない住宅を省エネ性能の高い住宅に建替えることが条件になってます。

→SMILiE標準仕様では40~50万円の補助金を受けることが可能です。

すまい給付金(平成26~31年6月)

補助額 収入・消費税率によって、10~50万円
主な要件 住宅の所有者・居住者で、収入が一定以下の場合支給
ポイント 消費税増税に伴い、住宅ローン減税とあわせて消費税率引上げによる負担の軽減をはかるものです。消費税8%の場合、年収が510万円以下、消費税10%の場合、年収が775万円以下の場合給付されます。現金で購入する場合はさらに条件が、50歳以上で収入650万円以下、住宅が一定の性能に適合する必要があります。

→現金での購入の場合でもSMILiE標準仕様で補助金の受け取りが可能です。

ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業(平成28年度)

補助額 定額 125万円
主な要件 高断熱・高性能で、太陽光設備などを設置し、住宅の消費エネルギー量が合計でゼロになる住宅の新築・購入
ポイント 太陽光発電等の再生可能エネルギーシステムが必須で、消費するエネルギーよりも創り出すエネルギーが多くなる高性能住宅。

→SMILiE標準仕様に太陽光発電パネルを設置し、エアコンなどの設備を新設することで、補助金の受け取りが可能です。

地域型住宅グリーン化事業(平成28年度)

補助額 長期優良住宅 100万円 ZEH 165万円 地域材利用+20万円 三世代住宅+30万円
主な要件 『中小の工務店グループ』で建てる、長期優良住宅の認定を受けた木造住宅、ZEHの基準を満たす住宅が対象
ポイント 補助対象経費の 1 割以内の額が上限。地域材利用での割増し費用に対して20万円、三世代同居対応住宅で30万円を上限に追加。

→大手ハウスメーカーでは補助金の受取ができません。最大で215万円の補助金を受け取れます。

Q.ローンはどのように考えれば良いの?

ひとりひとりの収入や生活スタイルに合わせた資金計画・住宅ローンで、無理なく計画的にすすめていきましょう。

予算

住宅は人生の中でもとても大きな買い物。無理なく長く付き合っていくためには、物件の価格から借りる額を決めるのではなく、『無理なく返せる金額』から物件価格を決めましょう。

返済額

無理なく計画的に返済をするには、現在の年収・家賃から考えることができます。

年収から考える場合、およそ額面年収の20%を目安にすれば良いです。

例えば年収450万円の場合、年間90万、1ヵ月で7.5万円です。

家賃から考える場合、現在の家賃・駐車場代などと、住宅のための頭金の貯蓄額を合わせた額にするとよいです。

例えば家賃7万円、駐車場0.5万円、頭金貯蓄年間30万円とすると、年間120万円、1ヵ月で10万円です。

返済期間

月の返済額が決まったら、それをいつまで払い続けることができるかを考えます。現在35歳、60歳まで支払いをするならば、返済年数は25年間です。

金利

無理なく返せる金額を設定するために、仮の金利を想定しておく必要があります。

返済年数によって変わりますが、固定金利の場合およそ下記の数値で想定してください。

10年1% 15年2% 20年2% 25年2% 30年2.2% 35年2.2%

借入可能額

以上をまとめると、無理なく返せる金額からの予算が決定します。およその額は次の通りです。

毎月返済8万円 10年910万円、15年1280万円、20年1580万円、25年1880万円、30年2100万円、35年2340万円
毎月返済10万円 10年1140万円、15年1550万円、20年1970万円、25年2350万円、30年2700万円、35年2920万円
毎月返済12万円 10年1360万円、15年1860万円、20年2370万円、25年2830万円、30年3240万円、35年3620万円
毎月返済14万円 10年1590万円、15年2170万円、20年2760万円、25年3300万円、30年3780万円、35年4090万円

→EMSSではより詳しい内容で、お客様ひとりひとりに合わせた資金計画のご提案をいたします。金額で頭を悩ませずに、新しい生活のスタートを笑顔で迎えましょう。

保障やアフターサポート

Q.契約後の保証はどうなっているの?

EMSSではお客様が安心して新しい生活を送ることを第一に考えています。

もちろん、何事も問題なくすごせることが一番なのですが、もしもの場合にも、お客様の負担を取り除くために各種保険・保障に加盟しています。

工事中に近隣トラブル
工事保険
地盤沈下してしまった
地盤保障
シロアリからの被害
シロアリ保障
構造上の欠陥があった
住宅瑕疵担保責任保険
各種設備の故障など
メーカー保証+追加設備保障※オプション
その他
建築士事務所協会、各種機関に加盟

・・・など

Q.アフターサポートについて教えて欲しい

愛情込めて建てたお家を末永く、安心して、快適に暮らしていただくために、60年間のアフターメンテナンスをしています。定期的に、お客様のお宅にお伺いし、お家の安全・快適さのチェックをしております。各場所ごとに細かくチェックを行い、長い年月を経て劣化してきたパーツ等はすぐに対応することで、家全体を長持ちさせることを目的にしております。


点検の箇所 基礎・土間・外壁・バルコニ-・屋根・雨桶・土台・床組・クロス仕上・サッシ・内部建具・建具・電気・給排水・設備・左官・タイル・・・など
点検の時期 3ヵ月、1、2、5、10、20、30、40、50、60年 時期ごとに手紙などでご連絡致します。
補修の目安 15~20年 クロスの張替え、給湯器、食洗器等の設備品の取替えの検討
20~30年 屋根・外壁の塗装やコーキング等の補修の検討
40~50年 再度、クロスの張替えや設備更新の検討
50~60年 配管の取替え・床組の取替え検討

資料請求

TOP